山に生きろ!

_DSQ2490_01.jpg
今日は雪予報でしたけど、峠は降りませんでしたね。
韮崎から先は積もったみたいですが、山スカがなくなった今となると「ふ~ん」としか思えません。。

この写真の日は特に雪予報ではないのに関わらず、峠は少し積もりました。こういう思わぬ誤算は嬉しかったですね。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/29(月) 13:58:19|
  2. スカ
  3. | コメント:0

山スカ 回顧録3

_DSE9136.jpg

小淵沢工臨がある日は528Mに充当する山スカと並びが撮れました。
このカットはただの記録写真で、他に色々遊べたので、もう少し通いたかったポイントです。
  1. 2014/12/22(月) 15:26:51|
  2. スカ
  3. | コメント:2

山スカ 回顧録2

_DSQ9359.jpg


定期運用終了してから何かの気が抜けたのか体調を崩しています。
5日ほど寝込んでいましたが、今日ようやくパソコンを触れるまで回復してきました。まともに飯も食えず、体重3キロ減。俯瞰で培った体力とはおさらばとなりました。笑

さて今回は「朝三」。朝シャンじゃないです。「朝三」です。
山スカの運用で甲府以降では526M、528M、530Mと30分毎に上る効率の良い列車がありました。
ただ効率が良いとはいえ、30分間で他の撮影地へと移動するのも難しく、同じ場所でアングルを変えて撮るのがこの朝三の撮り方だった気がします。
  1. 2014/12/19(金) 14:26:55|
  2. スカ
  3. | コメント:0

山スカ 回顧録1

_DSA2254.jpg
適当に振り返ってみようかと。このシリーズいつまで続くか分かりませんが^^;

まずは大月始発。早朝の大月では323Mと327Mが電留線で並びます。
あまり山スカ同士の並びは少なく、狙いにくいため、まったりと撮れるのが魅力的でした。
ただ、4時ごろに家を出ないと間に合わないので足が重く、なかなか行けていないのに少しばかり後悔しています。

この写真は12月6日、最終日のもの。最終日なのに身内だけでまったりとしていたので、あんまり知られていなかったのか、それとも足が無いだけなのか分かりませんが、とにかくこの雰囲気は最高でした。
  1. 2014/12/12(金) 17:11:12|
  2. スカ
  3. | コメント:0

さよなら八トタ山スカ色

_DSE3546_01.jpg

2014年12月6日。
豊田車両センター所属115系300番台の引退の日をついに迎えてしまいました。

最初に"山スカ"を撮り始めたのは2011年。まだ当時はEF64 1000番台重連牽引だった89列車を追いかけていたので電車なんて見向きもしませんでした。ただ、89レの練習電。自分にはそんな存在でした。
しかし89レがEH200牽引になるという噂を耳に挟み、地元で被写体がなくなることを懸念してこの年に山スカを撮り始めました。なので愛着もなく、本当の暇つぶし。初めはそんな感じでの撮影でした。

_DSA0995.jpg

そんな気持ちを変えたのは紅葉。89レでは撮影不可能な紅葉が自分にとってはとても新鮮で、「本気で追いかけよう」と感じたのは、紅葉キッカケだった気がします。

_DSQ7088.jpg

_DSE3938_01.jpg

中央本線に通っていて感じたのは四季の美しさ。夕方~夜の撮影では気づけなかった美しさに気づくことが出来ました。

_DSC9115.jpg

_DSC3230.jpg

自分が山スカに掲げていたスタンスは「挑戦」。今まで誰も撮っていない、そんな風景を求めました。

大きく分けて一つ目に挑戦したのはギラリ。

_DSE6978_01.jpg

_DSQ1234_01.jpg

二つ目はもっとも力を注いだ俯瞰撮影。暇さえあれば山に登って開拓しようとチャレンジしていました。
あまりネットに出したくないので今回は定番で失礼。

_DSQ8167.jpg

_MG_1114.jpg

スナップ撮影は自分の苦手分野でしたが、なんとか見れるモノは撮れたのかなと思っています。

_DSE7775.jpg

_DSA0188.jpg

授業を受けている時も、風呂に入っている時も、寝床に就くときも、いつもコイツをどこで撮ろうか考えていました。
何故ここまでやったのか自分でも分かりません。暇さえあれば考えて、休みがあれば沿線へと行っていたと思います。
ただ、ただ、この車両が好きでした。


_DSC8259_01.jpg

猛暑の日も。

_DSE2193.jpg

梅雨の日も。

_DSQ2266_01.jpg

雪の日も。沿線へと行っていました。

_DSE6704_01.jpg


_DSC9966_01.jpg

_DSQ8309.jpg

いくつ撮ったかは数えてないから分からないけど、まだまだ足りない。個人的に満足出来ていません。
でも、誰しもそんな事を思うのだろう。

_DSE2427.jpg

これからは必然的に山スカ色になったC1編成を追いかけることになると思います。
ただ、本気になれるか、そこが問題。このM編成が残した思い出を超える事は出来ないことでしょう。

_DSQ3347_01.jpg

さらば!八トタ山スカ色!
  1. 2014/12/06(土) 18:16:21|
  2. スカ
  3. | コメント:2

いよいよ

_DSQ1406_01.jpg
いよいよ、平成26年12月6日。この日がやってきた。

残り少ない時間。沿線はフィーバーと化していますが、最後らしい記録が出来れば良いのかなと。
  1. 2014/12/06(土) 03:23:51|
  2. スカ
  3. | コメント:0

思い出

_DSE2372.jpg
いつかは去ってしまう。思い出を残して。

  1. 2014/12/02(火) 15:37:26|
  2. スカ
  3. | コメント:0

プロフィール

●●●ん

Author:●●●ん
山とか峠とか、そんな言葉にドキドキする。
里は知らん。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スカ (102)
ろくよん (31)
青雷 (9)
働人 (10)
他 (16)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR